FC2ブログ

ぬるいヲタク猫風味

ラノベ三昧、読んだ感想を書き連ねているページです。 縮退運転中……。ラブコメと変人が出てくるラノベが特に好きらしいですよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

アニマライトの件について

 3ヶ月ぶりのエントリです。実はちょっと凹んだ上で転職活動中でして、更新をストップしていました。その間にコメントももらっていたのに全く返していないなど、本当に申し訳ありません。
 7月前には決めてラノベ感想を再開したいと思っているのですけど(読んではいるのですが、書くにはまたエネルギーがいりますので)……。

 さて、ちょっとラノベ感想サイト界隈で騒動が持ち上がっているので、相互リンクを断ったウチの場合のアニマライトでの扱いを書き記しておきます。
 結論から申し上げると、相互リンクを断っても作品からのリンクは残ります。しかも断った以降のウチのラノベ感想かつ、アニマライトで作品紹介をしているものについては作品からウチのブログにある該当に感想ページに飛ぶ事が出来ます。

【経緯】
2/14にエントリの『ルイスとネピア 佐藤家の選択』のコメント欄に2/15づけで相互リンク依頼の書き込み有り。
2/17にコメントの返答という形で相互リンク依頼の断りを記入。
2/17にコメント欄にて断りについてアニマライト側から了解の記入。

で切れたと思って5/21の今日まで確認はしていなかったのですが……。
(○はアニマライトからリンク捕捉。×は未リンク)
2/18にエントリの『扉の外』×
2/19にエントリの『EX』○
2/20にエントリの『聖工の末裔』○
2/25にエントリの『銀の手のシーヴァ ハカセとコトリ』○
2/26にエントリの『クリア・ヴォイス』×
3/1にエントリの『ICE かくて愛は凍り付いた』○
(これ以降はくろねこがシンジ君や天照大神がごとく地下に潜伏してエントリなし)
と4勝2敗です。

 サイトリンクが残っているのは現時点では構わないと思います。あくまでも相互リンクのこちらからの拒絶であり、リンクの削除まではこちらもコメントに記入していなかったので。
 ただそれ以降の感想もチェーンされていくのはちょっといやかも……。
 ですので、リンクされるのがイヤならサイト登録自体を削除するように要請するしかないかもしれません。
 断ったのは趣味の延長であって営利には興味がなかったし、なんとなく良い印象(ラノベへの愛情というベタな感覚ですけど)も受けなかったからなのですがこんな展開になるとは流石に予想しませんでした。

p.s.
 2/18以降の状況をまとめて思ったのですが……。あちらさんの作品登録の方向性が良く分からないですね(苦笑)
 網羅するか、良い作品を厳選するか、あえてハズレを選ぶとか微塵の個性も感じられず、てきとーに選んでみました的に見えます。

p.s.2
 ラノベは読み続けています。今更ながら文学少女シリーズを読んで唸らされたり(もっと早く読めば良かった)とか、バカテス2で相変わらず美波の凶暴で可愛い所に転がりつつ、秀吉も良いなぁと明久に感化されたり(ヒロインらしいヒロインには惹かれない天の邪鬼ぶりも健在)とか、もっと今更ながら榊ガンパレを『山口防衛戦』まで読破したりなど。
 もちろん明日はルイズと再会ですとも(笑)
スポンサーサイト
このページのトップへ

ICE かくて愛は凍りついた

ICE かくて愛は凍りついた表紙ICE かくて愛は凍りついた』(著:平野靖士 イラスト:玲依 富士見ファンタジア文庫刊)を読了。
 すみません、今回はかなり感情的に書いています。そういうのが嫌な人はココで読み捨ててください。 【“ICE かくて愛は凍りついた”の続きを読む】

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

クリア・ヴォイス

クリア・ヴォイス表紙クリア・ヴォイス』(著:飯田雪子 イラスト:裕龍ながれ GA文庫刊)を読了。
 あっさりというか、引っかかる所がなくてなんとコメントすればいいのか迷います。共感出来る所が無かったというか……。

 家庭の事情で高校を辞めた花南は、叔父の経営する探偵事務所で雑用兼アシスタントをこなしながらようやくやってきた探偵としての初仕事の意気込む。任務は通訳兼ボディーガードというが、デビュー前の無名の歌手にガードなど必要なのだろうかと疑問に思っていると、空港で爆発事件に巻き込まれ──。

 ヒロインの花南がとらえどころがない少女で、普通じゃないんだか普通なんだか理解出来ず共感が出来ませんでした。センシティブで感受性が強い書き方をしているのだからそれをもっと生かして、はっきりとキャラが掴めるようなイベントやシーンを描いてくれると読み手としては嬉しいんですけどね。
 あとテーマが言えない相手に自分の言葉で伝える事というのは何となく分かったんですがキャラもストーリーもそれらをきちんと見せていたかというと疑問符が浮かびます。また終盤でヒロインと護衛対象の少年とのラブ話が結構唐突に見せつけられるので、ただ驚くだけしかなかったのもどうなのかな。ヘタに花南と彼女の母親との確執の解決をラストに持っていくよりは、始めから少年が持つ力──共感を強制的に起こさせる声──を軸にして花南が彼へ持った恋愛感情が偽りかと疑い、二人がすれ違いつつもそうではなくて本当の恋と自覚するという方向のストーリーだったら読み手も共感出来たように思います。ドラマの山と谷の作る方向性がおかしかった、と言ったら言いすぎでしょうか。
 あらすじにしたらベタで王道ですけど書き方によってはいくらでもオリジナリティは出せると思うのですけど。

【オレ好き度】★★☆☆☆

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

銀の手のシーヴァ ハカセとコトリ

銀の手のシーヴァ ハカセとコトリ表紙銀の手のシーヴァ ハカセとコトリ』(著:立原透耶 イラスト:高山瑞季x曽我部修司 GA文庫刊)を読了。
 うーん、微妙。主人公とその親友の結びつきを描きすぎてBLっぽいというか……。ヒロインが添え物っぽく感じられてイマイチ楽しめませんでした。

 魔法王国の継承者という身分を捨てて、親友と共に異郷と呼ばれる地へ行こうとするが転移に失敗して機械が人間を支配する機械帝国に迷い出てしまう。そこで出会った機械人形の少女コトリと共に狂った世界の陰謀に巻き込まれていくが──。

 文章自体は軽妙で読みやすいのですが、最初に挙げたようにBLくさくて良い悪い以前に拒否反応が有りました。
 そもそも主人公が継承権を捨てて家出まがいな事をしようとするのかが良く分からなくて最後まで物語に入り込めませんでした。主人公が何をしたいのかが共有出来ないのってキツイです。ヒロインのコトリも、主人公一途な押しかけ女房の星華も可愛い一面は有るものの物語と上手く噛み合っていなくて惹かれるモノを感じる事が出来ません。
 狂った世界が一人の男の絶望だった、というのは悪くないのですけど主人公側のアンチテーゼになる動機が弱すぎてよくある設定になってしまったので何とも勿体なかったかな。

 人間が食料にされているという部分もSF映画のソイレントグリーンまんまで、もうちょっと捻って欲しかった。機械の体についても999的な内容だけじゃなく、同じ松本零士のマシンナーシリーズとかダイバー0などの機械の体であることの悲哀というモティーフをコトリに対して上手く取り入れていけば、魅力的な要素になっただろうなぁ。

 イラストは結構好みです。星華がコケティッシュでとても可愛らしいです。

【オレ好き度】★★★☆☆

 久しぶりの更新。いやぁ、「仁義なき戦い」と「トラック野郎」、「ダイナマイトどんどん」と映画にドハマリしていて読むのが遅くなってしまいまして。菅原文太はやっぱ良いなぁ~。男惚れしてしまうわ。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

聖工の末裔

聖工の末裔表紙聖工の末裔』(著:八原ゆうき イラスト;しのづかあつと HJ文庫刊)を読了。
 う、うーーん。書きたい、と思うモノは分かるんだけど容赦のない苛烈さも、胸のわだかまりが晴れ渡るような癒しも得られないもやもや感だけが残ります。

 かつて、世界に秩序と調和をもたらした「聖工」の技。それらを悪意を持って使う人々により、世界に災厄をもたらした後に「聖工」はその技を封印し、歴史の帳に消え去ったと言われる。全てを奪われた少女がその「想い」の源を取り戻そうと一縷の望みを託し、未だに技を伝えるという「聖工」を求めて職人が集う街にやってきて──。

 ファンタジーもの。突き詰めればテーマはヒロインが死んでしまった愛した人を取り戻したいという気持ちと、その為に命を捨てようとするヒロインの心と命を救いたいという少年の想いです。
 それが十分に見せられなかったのが残念です。視点がヒロインサイドと少年サイドに分散してしまい、両者の想いが最後にならないと重ならないので読んでいて感情移入出来なかったため楽しめませんでした。死んでしまった恋人を取り戻すために、死のうとするヒロインの気持ちを何とかしたいと想う少年と同化するような描かれ方だったら、作者が意図するように楽しめたように思います。
 ヒロインや少年の置かれた状況自体はなるほど、と思う所があるのですがそれらが覆い被さってアンサンブルを奏でるようにならず、不協和音とまでは言いませんが好き勝手に奏でていただけに感じ共感まで至りませんでした。これはそれぞれのキャラをきちんと語っていないため、行動理由に今ひとつ真実味がなかった為かもしれません。
 切なさっていうのはキャラ達が抱いている想いを読み手にも同じように抱かせて心情を重ねる事が出来ないと、共有できないものだと改めて感じました。
 「聖工」という設定を活かすならば、その技を持つ少年がヒロインの本当の願いを叶えてあげる事が出来るという事をきちんとストーリーの途中、そして最後に明示したうえで、ヒロインとの心の繋がりが分かるようになっていたら読後が変わったのですが。

【オレ好き度】★★★☆☆

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

くろねこ

Author:くろねこ
 猫と翠星石とアリア社長と縛鎖の小人とデンジャラスで脆い鷹野三四三等陸佐にラヴ☆

【はまってるライトノベル】
 [シリーズモノ]
 黄昏色の詠使い/狼の香辛料/とらドラ!/学校の階段/ゼロの使い魔/神様のお気に入り/狂乱家族日記/円環少女/乃木坂春香の秘密/神曲奏界ポリフォニカ(赤)
 [それ以外]
 ヴァーテックテイルズ麗しのシャーロット/神様のメモ帳/戴天高校勝利部/ある日爆弾がおちて

【完結したはまったライトノベル】
 お・り・が・み/セントエルザ・クルセーダーズ/スクラップド・プリンセス/あたしの中の……/天気晴朗なれど波高し

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。