FC2ブログ

ぬるいヲタク猫風味

ラノベ三昧、読んだ感想を書き連ねているページです。 縮退運転中……。ラブコメと変人が出てくるラノベが特に好きらしいですよ。

バカとテストと召喚獣

バカとテストと召喚獣表紙バカとテストと召喚獣』(著:井上堅二 イラスト:葉賀ユイ ファミ通文庫刊)を読了。
 最高にバカラノベ。素敵なバカラノベ。そして楽しいラブコメ。とにかく笑えて楽しめました。というか、電車の中で笑いが止まらなくて読むのを中断したくらいでしたもので。

 学力低下を苦慮した教育界の解答。それが、科学と魔法と偶然で何故か産まれた、テストの点数によって力が左右される「召喚獣」を用いたクラス間の下克上の戦争を許可し生徒の勉学へのモティベーションを持たせようと言う方法だった。学力別にクラス分けがなされ、最上位のAクラスはリクライニングシートに個人用冷蔵庫まで完備されるシステムデスクな教室。最下位のFクラスは腐った畳に卓袱台とセンベイ座布団。「こんなクラスは嫌じゃー!!」とアホな主人公吉井を筆頭にFクラスは心を一つにして「打倒Aクラス、ウェルカム、システムデスク!!」を合い言葉に。こうして他のクラスを巻き込んだ試召戦争が勃発した──。

 他の人がどう思っても好きだ、という世の中モノがありますよね。貧乳とかボクっ娘とか八重歯っ娘とか処女雪のような白くカモシカのようなすらりとした少女の足に黒ニーソとか(例えがピンポイント過ぎです)。この作品がボク的にまさにそれ。欠点を挙げればきりがない本作(前振り、伏線もなくボスキャラが出現して敵の親玉を一刀両断とか)ではありますが、「勢い」と「バカ」と「島田美波」のコンボが全てです(一般的に役立たない感想で大変申し訳ありません)。
 テンポ良く進む物語に、アホな主人公吉井を先頭に全員どこかオカシイキャラクター達が縦横無尽に駆け抜ける姿がとても楽しい。テストの点数が召喚獣の攻撃力&HPになってRPG的な戦闘シーンを繰り広げるというのは面白いアイデアでした。特に「教科」によって向き不向きが出るというのを逆手にとり、召喚するときに審判に付いた教科担当によって生徒の強さが変わるというのが素晴らしい。Fクラスという最弱クラスなのに教科によっては一点突破の強さを誇る生徒が居るというのは上手い使い方でした。いやー、エロス担当の生徒(ムッツリーニというネーミングも最高)が保体科目の教官の下でBクラスの学級委員(クラスで一番の成績)を切り倒すのは爽快でしたねー。

 ラブコメとしても十分に楽しませて貰いました。メインヒロイン(ちぇっ)の品行方正学力優秀、衆目美麗という属性を持ちながらクラス分け試験の時に熱を出して倒れてしまい、無得点と言う事で問答無用にFクラスに放り込まれた瑞希と勝ち気で超S娘(趣味は吉井明久を殴る事☆)な美波に惚れられた鈍感主人公の恋のすれ違いが、読んでいてにやにや出来ます。瑞希はまぁ、お約束である助けて貰った主人公に盲目的なラブなんですけどS娘の美波の豪快な求愛の仕方が可愛いんですわ。主人公が鼻血を出して倒れたというデマで敵に捕まってしまうお茶目っぷりとか最高です。ぶっちゃけ、なんで彼女が主人公に惚れているのか謎でして、そういう意味では落ちモノ系以上にご都合なんですけどそれは「勢い」ということで……。葉賀ユイ氏のイラストもツボにハマルくらい美麗だしなぁ……。

【オレ好き度】★★★★★
 素直になれない勝ち気な女の子(ツンデレじゃないぞ)が好きなんでしょうがないんです。というかガード不能というか。そんな属性が自分に無ければ「同級生2」の篠原いずみにはまって深い闇を見ずにまっとうな人生を歩めたのにナァ(笑)。そんな人生M街道。
 すみません、誰か小学校3年生の時の復活の呪文を教えてください。書いた紙を無くしてしまったもので……。
スポンサーサイト



テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

コメント

最近なんか良いライノベが無いなーと落胆していたのですが、貴方様の筆を見せていただき、とても参考になりました。買ってみようかなー。

  • 2007/04/03(火) 19:58:27 |
  • URL |
  • ライノベ好き君 #-
  • [編集]

。。。

バカとテストと召喚獣2
新キャラ発見!!!
島田さんの妹ーーーーーーーーーーーーー
島田葉月だーーーーー
キタコレ!!.....お兄ちゃんって

  • 2007/04/26(木) 20:49:59 |
  • URL |
  • きたーーーーー #44amet6U
  • [編集]

個人的には瑞希が好きなので、
3の最後の島田が許せなかった今日この頃

  • 2007/12/15(土) 23:00:11 |
  • URL |
  • 吉井 #JalddpaA
  • [編集]

忘れてるぞ!メインヒロインの3人目『秀吉』の存在を!!!

  • 2008/01/15(火) 21:57:34 |
  • URL |
  • バカテス大好き! #-
  • [編集]

これ超おもしろいw笑わないで読むなんて100%ムリ!!最高です!!

  • 2008/01/25(金) 18:53:52 |
  • URL |
  • niki #-
  • [編集]

こんにちは

よろしく

  • 2008/03/30(日) 14:44:01 |
  • URL |
  • タロウ #mQop/nM.
  • [編集]

秀吉好き!!男なのになにあのかわいさv-10v-238

  • 2008/05/19(月) 17:11:50 |
  • URL |
  • あり・・・。 #-
  • [編集]

採用と30代,40代の転職

採用とは、主に人材を採用するという意味で使われ、会社や組織が人材を募集し選考を行い、雇用契約を締結するまでの一連のプロセスのことをいう http://kasha.misterblackband.com/

  • 2008/09/07(日) 12:40:41 |
  • URL |
  • 我が輩は猫である-名 #-
  • [編集]

ドッグウエア

ドッグウエアを探すなら http://www.mnpainctr.com/101213/206155/

  • 2008/09/26(金) 07:20:47 |
  • URL |
  • 我が輩は猫である-名 #-
  • [編集]

30代,40代で転職してシステムエンジニア

システムエンジニアは、コンピューターの設計士 http://analst.misterblackband.com/

  • 2008/11/22(土) 23:31:42 |
  • URL |
  • 我が輩は猫である-名 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kokuneko.blog37.fc2.com/tb.php/233-2e12aaf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[井上堅ニ] バカとテストと召喚獣

文月学園では、進級テストの成績でクラス分けされる。そして明久は、最下位クラスの F組だった。冷暖房完備で、ありとあらゆる設備が支給されているA組と異なり、F組は畳の上に卓袱台という始末。 憧れの女性が...

  • 2007/02/09(金) 08:53:46 |
  • booklines.net

バカとテストと召喚獣 感想

バカとテストと召喚獣井上 堅ニ 葉賀 ユイ エンターブレイン 凄く楽しかった! なんかもうバカとしか言いようが無い作品でしたね素晴らしいほどのバカっぷりが楽しくて読んでいる最中ずっと笑いっぱなしでした

  • 2007/02/09(金) 23:23:10 |
  • ライトノベル・漫画が好き☆

バカとテストと召喚獣

バカとテストと召喚獣posted with 簡単リンクくん at 2007. 2.11井上 堅二著エンターブレイン (2007.2)この本は現在お取り扱いできません。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る バカですね。 清々しいまでに爽やかにバカ。 素直に、褒め言葉としてバカと言ってあげたく

  • 2007/02/11(日) 01:47:17 |
  • Alles ist im Wandel

バカとテストと召喚獣/井上堅ニ

バカとテストと召喚獣井上 堅ニ 葉賀 ユイ エンターブレイン 2007-01-29by G-Tools 【明久は密かに憧れる美少女・瑞希の為、クラス代表の雄二をたきつけて戦争を始める。それは、学園が開発した試験召喚獣を使い上位組の教室を奪うという危険な賭けだった!?】 先生、バカ

  • 2007/02/11(日) 23:40:40 |
  • ラノベ365日
このページのトップへ

プロフィール

くろねこ

Author:くろねこ
 猫と翠星石とアリア社長と縛鎖の小人とデンジャラスで脆い鷹野三四三等陸佐にラヴ☆

【はまってるライトノベル】
 [シリーズモノ]
 黄昏色の詠使い/狼の香辛料/とらドラ!/学校の階段/ゼロの使い魔/神様のお気に入り/狂乱家族日記/円環少女/乃木坂春香の秘密/神曲奏界ポリフォニカ(赤)
 [それ以外]
 ヴァーテックテイルズ麗しのシャーロット/神様のメモ帳/戴天高校勝利部/ある日爆弾がおちて

【完結したはまったライトノベル】
 お・り・が・み/セントエルザ・クルセーダーズ/スクラップド・プリンセス/あたしの中の……/天気晴朗なれど波高し

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する